ナースが夫と仲よく過ごすには

ナースが夫と仲よく過ごすには

一般的にも、女性の方が、いろいろと良く気が付く性格なので家庭を円満にしていくのは妻なのかもしれません。せっかく出会って結婚した夫婦ですから、相手の嫌なところばかりを指摘して、喧嘩ばかりというのは嫌なものです。それよりは、見なくてもよい部分は見ず、聞かなくてよい言葉は聞かず、わざわざ言わなくてもいい言葉は言わない。夫のアラ探しをするのではなく、逆に夫の良い部分を見つけ、たまに夫が囁いてくれる素敵な言葉に耳を傾け、労いの言葉をかけてあげた方が、夫婦円満で幸せに暮らせます。ぜひ参考にしてみてください。

身に付けておきたい妻の心得

誰もが、これからの人生を共にと思い結婚します。ですが、結婚生活が長くなると言わなくてもよい事を言って口論になったりすることがあります。妻が小言を言うと、日頃から溜まっていた不平不満だけでなく、夫の過去の失敗なども蒸し返し、感情が暴走することもよくあります。そんなヒステリック気味な妻に対し、夫も売り言葉に買い言葉で反撃したら、結婚生活の修羅場となってしまいます。そうならないように、ここでは身に付けておきたい妻の心得として「見ない」、「聞かない」、「甘える」という3つの心得を詳しくご紹介しています。

続きへ

身に付けておきたい妻の心得

関係が冷めきってしまったら

相手に対してドキドキしたり、いないと寂しかったり、お互いに甘えたりなど新婚当初は当たり前だったことが、長年一緒に暮らしているうちに、だんだん薄れてきます。同じ家で一緒に暮らす時間が長いと、相手に対する新鮮味が薄れてくるのは仕方がないことです。空気のような存在とはよく言いますが、ある日気付くと交わす会話は必要最小限でお互いの名前を呼ぶこともなくなっていたなんてこともあります。これでは、夫婦というより単なる同居人です。ここでは、夫婦関係が冷えきってしまった場合の対処法をご紹介しています。

続きへ

関係が冷めきってしまったら

お財布で夫婦円満

結婚していると独身時代とは違い、自由に使えるお金は少なくなります。そこで起きるのがお金に関する夫婦喧嘩です。よくあるのは、家庭の生活費として使うお金を夫の給料が入る銀行口座で管理して、妻の給料には手をつけずに貯蓄しているというパターンです。このパターンだと家計が苦しくなった時には真っ先に夫のおこづかいが減らされることになります。そこで、夫としては不満がたまり喧嘩になってしまうのです。ここでは、財布を使ってこのような夫婦喧嘩をなくす方法を詳しくご紹介しています。

続きへ

お財布で夫婦円満