出産・育児とナースのお仕事

出産・育児とナースのお仕事

ナースに限らず仕事と育児を両立させるのは容易なことではありません。ナースには、夜勤という不規則な勤務形態があり育児と仕事が両立できない原因とされることもあります。また、妊娠が発覚した際にいつまで働くのか?という問題もあります。病院側にきちんと自分の体調を伝えて産休や育児休暇を申請しましょう。またこの問題と同様に、いつ復職するのか?という復職のタイミングも育児や家庭環境と相談しなければなりません。ここでは、ナースが出産と育児を上手く行う方法について詳しくご紹介しています。

妊娠後はいつまで働ける?

ナースの仕事は不規則な労働時間や重労働もあり、決して楽ではありません。ですので、妊娠が分かってから出産までの間でいつまで働くのか?産休はいつからいつまでとるのか?などは非常に重要な問題です。病院側と自分の身体と相談しながら決めなければなりません。また、妊娠するとお腹が出てきますので今までは何気なくしていた介護や介助などの看護もできなくなることがあります。ここでは、妊娠したナースが妊娠後いつまで働くことができるのかを具体的な業務内容なども交えて詳しくご紹介しています。

続きへ

妊娠後はいつまで働ける?

出産後のベストな復職時期

ナースの平均勤続年数は、約7年です。30歳前後に退職される人が最も多くなっています。その要因の一つとして、結婚があげられます。やはり女性の多い職場ですので、結婚や出産で職場を退職したり産休に入ったりということは日常茶飯事です。ナース業界は退職も多いですが、実は復職も多い業種です。ナース業界は人材不足が大きな問題になっているので求人市場は依然として超売り手市場で復職すること自体は難しいことではありません。ここでは、出産後のナースの復職時期について詳しくご紹介しています。

続きへ

出産後のベストな復職時期

子育て本の選び方

子育てをしていると、しつけがうまくいかないなどと悩むことも沢山あると思います。子育てに正解はないと言われますが、悩んでいると正解がほしくなることもあります。また、人には相談しにくい悩みをもつ人もいるでしょう。そんな時に参考になるのが子育て本です。子育て本は心理カウンセラーの先生や、実際に保育園で多くの子供たちに接してきた先生が書いていることが多いので、子育ての参考書として読んでみるのも良いと思います。ここでは、子育て本の選び方や当サイトがお勧めする子育て本を紹介しています。

続きへ

子育て本の選び方

夜勤は育児とのバランスが大事

ナースは結婚したからといって不規則な勤務や重労働がなくなる訳ではありません。妊娠、出産を経て育児期間に入っても夜勤はあります。夜勤があると仕事と育児の両立は非常に難しくなります。ですが、ナースとしての経験を積むには病棟や救急の夜勤をやっておくほうが良いでしょう。もしも、家族の協力が得られるのならば病棟夜勤をやって損するということはないはずです。そして、夜勤をうまく活用することで実は育児もうまくいく方法があります。ここでは、ナースが夜勤と育児を両立させる方法について詳しくご紹介しています。

続きへ

夜勤は育児とのバランスが大事